介護について考える~よりよいサービスを受ける為に~

家族が働いている場合は

要介護と認定された人の介護をする為に、1日中ついていてくれる家族がいない場合例えば、家族が働いている場合はどうしたらいいでしょうか?自宅での介護を希望するのであれば、ホームヘルパーに来てもらう訪問介護では、食事、排泄、衣類の交換などをする身体介護や、掃除、洗濯、食事の準備などをする生活援助を受ける事ができます。他にも、入浴介助、リハビリの専門家が自宅に来て指導してくれる、訪問リハビリテーションなどがあります。

同居している家族がいない場合は

介護をしてくれる家族が同居していない場合はどうしたらいいでしょうか?家族が近くに住んでいたり、しょっちゅう顔を出せる場合はそんなに問題はないかもしれませんが、ほとんど様子を見に行く事さえ出来ない場合もありますよね。そういう人には、やはり訪問介護はとても大切になります。また、一人で過ごす事が多くなるため、他人とのコミュニケーション不足になりがちです。訪問介護以外にも、施設で食事や入浴などの介護、機能訓練が受けられる通所介護というサービスがあり、日帰りで利用する事が出来ます。同じ介護を必要としている人達とのコミュニケーションを図る事が可能なので、是非利用しましょう。

自宅での生活が困難な場合は

同居している家族がいるいないに関わらず、自宅での生活が困難な人はどうしたらいいでしょうか?居宅介護サービスや通所以外にも、施設に入って介護サービスを受ける事ができます。例えば、短期間施設に入って介護や機能訓練を受ける、短期入所生活介護や、有料老人ホーム、生活介護中心の介護老人福祉施設、介護やリハビリが中心の介護老人保険施設、医療中心の介護療養型医療施設などがあります。どのようなサービスをどのくらい受けるか、どう組み合わせて利用するかは、家族とケアマネージャーと打ち合わせして決めましょう。介護を必要とする人はこれからも増加します。今その必要がなくても、介護サービスについて知っておく事、急に必要となってしまった場合にも対応できるように、常日頃から家族で話し合いをしておく事が望ましいでしょう。

介護に就職すると介護職員初任者研修があれば最短3年で介護福祉士・5年でケアマネジャーの受験が可能となります。